顧客に喜んでもらえることが魅力

ITコンサルタントへの転職を希望する人が増えている。高収入であること、やりがいのある仕事だということがその大きな理由だろう。
しかしこの傾向は、現在のIT業界を取り巻く環境の変化によるところも大きい。

かつて企業のIT化というと、顧客のニーズを汲み取って独自のシステムを提案・構築するのがメインであった。しかし、クラウド技術の飛躍的な発展によって「ものづくり」の需要は低くなり、数あるサービスの中から最も適切なシステムを選ぶ時代になったのだ。
そのため、IT業界で生き残るには、ものづくりだけでは充分ではないという危機感が生まれた。

顧客の抱える問題を共に考え、最適な解決策を提案して成果を出すことが、ITコンサルタントに求められる役割である。
そのためには、顧客の成功を自分の喜びとする精神が必要とされる。

プログラマーやシステムエンジニアなどのような限られたフェーズの達成のみならず、全体を把握して問題解決に導く総合的な仕事であるだけに、企業の根幹に関わることも少なくない。そのため結果を出せた時の達成感は非常に大きく、顧客の感謝や信頼も得られるだろう。

顧客に成功をもたらすことで感謝され必要とされることこそが、ITコンサルタントの醍醐味だ。
ただし結果を出せないITコンサルタントは必要ないばかりか被害をもたらすことにもなるため、結果次第の厳しい仕事だとも言える。
結果を出すためには、最新の技術トレンドを把握することや顧客の業務内容の深い理解、コミュニケーション能力を身に付けることが不可欠だ。
結果を出せるITコンサルタントになるための情報をもっと知りたいなら、http://become-itconsultant.comを覗いてみると良い。